甘えの壺

今日は加南地区PTA研修会が行われ、小松市と加賀市の幼稚園にお子さんを通わせていらっしゃるお母様が集い、多賀クリニック院長の多賀千之先生のお話を聞きしました。
先生がおっしゃるには、小学校高学年までは甘えさせてやってよいと、そうして甘えの壺を満たしてやるときちんと自立してくれるそうです。
また、甘えと甘やかしの定義もおもしろくて、甘やかしには金銭や品物が絡んでくると・・・ そして、甘えさせてやると言うことは、時間を与えてやることだとおっしゃいました。
たしかにと納得できるお話でした。 今日一緒に多賀先生のお話を聞けたお母さんたちは、きっと今頃お子さんたちを甘えさせてあげようと、あの手、この手でお子さんに迫っているんでしょうね♪
では私も・・・
娘に気持ち悪がられそうですね・・・(^_^;)

2016年09月15日